上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに最終話。

黒は白に会えるのか!?
エクスプロージョンは起こるのか!?
地獄門(ヘルズゲート)と契約者を巡る戦いもいよいよラスト!

Darker Than Black 黒の契約者 最終話 「死神の見る夢は、黒より暗い暗闇か?」
感想です。






DTB-25-final-01.jpg

桐原さんの元へ向かおうとする斉藤たち。
が、警戒が厳しく中々入れない。それを突破できるだけの武装もない。
その時、二人の契約者が現れ、場が混乱する。
そこへ車に乗った松本さんが現れ、どさくさに紛れて潜入する。

松本さんかっけぇwwww



DTB-25-final-02.jpg

ゲート内。アンバーと銀と黒。
アンバー達の戦いは南米ゲートの時から続いていたようです。
天国戦争は天国門(ヘブンズゲート)での戦いの事かな?

その戦いの中に、白も加わっていた。
でも、黒を巻き込みたくないが故に、黒には黙っていた。
兄思いの妹だな……これは合理的判断って奴じゃなく、妹としてですかね。

その黒をアンバーは「自分達と違って人間だ」と言う。
……やっぱり白が黒の中に居たか……深層意識だとかそんな感じかな?
黒の電撃は白の力。
白の対価を「黒にくっつく事」だとすれば、黒が対価を払わないのも頷けます。
以前アンバーが言っていた「すごく遠くて凄く近く」も納得。
一番側にいる、けど近すぎて会えない…か。悲しいと言うべきか……

誰がどんな意図を持ってこのゲートを作ったかは解らない。
でも、彼らが取り交わした契約は、何かの始まりに過ぎない。
遠い未来の……
アンバーはそれを能力で見たのかな?


と、銀が「あれがくる」と言う。
あれとは……契約者とゲートを完全に消してしまうもの。
反ゲート粒子によるビーム砲。
こうゆうのに使うかwwww

砲台が姿を現したとき、アンバーは問う。


DTB-25-final-03.jpg

白「黒、白に会いたい?」

答えに窮する黒。
そんな黒にアンバーは流星の欠片を差し出す。
黒は何をするのか問うが、アンバーは「黒は既に気付いている」と言う……
白の力の解放……
だがそれをすればこの街はヘブンズゲートの二の轍を踏むことになる。
だが、拒めば契約者は消える。黒を除いて。

……なんで黒は除外?


DTB-25-final-04.jpg

収束砲の準備が整った。
シュレーダーによるカウントが始まる。
その時カメラが黒たちの映像を捕らえる。
それを見て桐原さんは、BK201が戸惑っている事を悟る。
が、既に遅く、カウントはゼロになる……


DTB-25-final-05.jpg

全てが白い光に包まれたかと思うと、黒はニックの時同様妙な場所へ。
泣き崩れる黒。

……ちょっとこの辺よく解らないんだよな……
過去が入り混じってて。
てゆうかこの空間がなんなのか自体よく解らないし。
……流星の欠片によって発生した精神世界かな。


そこへでてくる白。
そして……黄!?


DTB-25-final-06.jpg

黄「無理していきがってんじゃねぇよ!お前のそのどっちつかずの態度に俺らどれだけ振り回されたか、解ってんのか!」

猫「だが、それが黒の面白いところでもある」


猫も……そして、今まで出てきたみんなも。
……名場面だ。


黄「どっちか一方が無理なら、両方とれ!」

猫「契約者らしく、そして人間らしく」

黄「それよ。」


正確には黒らしくの方が正しいと思う……
こんな契約者黒ぐらいしかいないよww


アンバー「本当にそれでいいの?」

だが、アンバーは問いかける。
その道を選べば、困難しか待っていない。

そのアンバーを、黒は抱きしめる……

黒が開く口を……アンバーはキスで制する。

白「さよなら・・・お兄ちゃん」

黒「さよなら・・・シン」
(←ニコ動のコメによると中国語で「星」とゆう意味らしい)


DTB-25-final-07.jpg

黒「さよなら・・・みんな、さよなら・・・アンバー……」

するとまた別の空間へ。
聞こえるのは銀の声。

DTB-25-final-08.jpg

銀「私を一人にしないで……!」

銀が感情を表したぁ!!!!!!
最終回にしてようやく……よしゃぁ!とりあえず喜んどけ!

銀の観測霊を掴む……と、黒はもとの場所へ。

だが、アンバーは時間を戻した対価で消滅……
アンバーは生きて欲しかったけどなぁ…

時間は砲撃の収束まで戻る。
……だが、カウントがゼロになっても、何も起こらない。
それどころか、モニタには妙な反応も。
さらに、その場にいる全員の体が光り出す。
流星の欠片か……


モニタに映るのは黒。
……白は居ないから……これは黒自信が手にした能力か。

第二射の準備にかかろうとするが、博士が「無駄」だという。

シュレーダーが言うには、黒の能力により、反ゲート粒子が完全に変異してしまったとの事。
ほー・・・今までの電撃とはやっぱ違うのか。


で、それを聞いたニシジマ
こいつが突然博士を殴る!(そりゃこんな話し方されて怒らん奴はいないww)

だが、それを部長が拳銃で射殺ってええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!?
ニシジマwwwww……まぁ当然か。

桐原さんと部長の話が始める。
仕掛けたのはEPRじゃなくて組織だったわけか・・・・・・

そして、

桐原「今の会話、録音しました。ご同行願えますか?」

おおおおおおおぉぉぉぉおおおお!!
桐原さんさすが!

その桐原さんを部長が首を絞める……ってはああああああああああ!?

そこへ黒がきたああああああああああああああああああああああああああああああ!!(←さっきから叫びすぎ)

部長を電撃無しで失神させ、そこをたちさろうとする黒。
だが、

桐原「待って!李君!!!

黒を呼び止める桐原さん。
……やっぱしばれてたか。

だが、その言葉に対して返した言葉は……



DTB-25-final-09.jpg

黒「李と言う男はもう居ない。」

そしてその場を去る……
……もう日常には戻れないってわけか。
アパートでの暮らしも……全部。

そしてシア等たちが到着。
桐原さんたちもそこを脱出。


-------それから程なくして、私たちに日常が戻った。--------

契約者の事件はあれから、また増加している模様。
けど、前と違い、ちゃんとした対策はしてるようです。


ホシミ「そっと、連れて行ってやっておくれ・・・
    落っこちた星様も…流れ行く星様も…
    みんなみんな……そう、
    そのずっと、ずっとずっとずっと先の、
    誰も見たことのない未来へ……」


……ホシミ様の言葉マトモに聞いたの始めてかもしれない・・・


DTB-25-final-10.jpg

………………………………


----fin----


良かった!!
ギアスの後番だって理由で見たけどかなり良かった!
てゆーか、何気に春季一番争ってる気がする。
BGM、演出等、どれをとってもトップクラス。
前後編とゆう珍しい構成だったが、特に違和感なく見れた。
個人的には舞の話(新星は、東雲の空に瞬く……)が一番好きです。

最後の銀の観測霊も余韻を持たせるいい終わり方だと思う


とゆうわけで!
Aランク認定。

BONESのスタッフさん、この記事を見てくださった皆さん。
ニコニコ動画にうpしてくださったうp主さん!
本当にありがとうございました!!








一応言っておくけど何を言われてもシャナは見ませんからね。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kurohaneproject.blog92.fc2.com/tb.php/113-9e15e143


「Sin」応援バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。