上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋の新番その7!
やってきました「綺麗なシャフト!


……すいません、段々「やってきました」の後に書く言葉のネタが…
えーとつまりこれは、ひだまりは絶望に比べてやばいほど作画が良いと言うことを示していてですね……
だからえーと(長いので略)

それはさておき!
とりあえずコミック版は4巻まで買いました。
また、アニメ版は千尋のエピソードもあるという事で期待度UPです。

ってOPがあの曲じゃNEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
ちょww「悠久の翼ピアノ・ヴァイオリンアレンジver」は釣りかwwwwやられたww

とゆうわけで第一話「eve」感想です。

だから英語サブタイは(ry






ef-a tale of memories_01_01

いきなりなんだこれwwwwwwwwww
紘の顔撮ろうとおもったけどこっちwwww
リアルに吹いたwww



ef-a tale of memories_01_02

その頃、紘の友人「堤京介」はカメラ片手に町に。
ん? この女の人は初めて見るなぁ
誰だ?

ef-a tale of memories_01_03

その時。
京介は一人の少女「新藤景」の姿を捉える。
…………ちょっと可愛いかもって思っちまったじゃねーか!!
コミック版読んでても全然可愛いと思わなかったのに!!
京介のフィルターがかかってるのか!?
……どうでもいいか。


ef-a tale of memories_01_04

そして、景は後輩の「羽山ミズキ」のところに。
あれ…?ミズキのイメージがちょっと違うな。
こんな色だったか。
それにしても……景の怒り状態の迫力がちょっと足りないような。
例のシーンは大丈夫なのだろうか。修羅場のとこ。

っていうかビスコとうまい棒多すぎwww
……まぁ作画維持の為には必要なのですよ、使いまわしは。
っていうか崩壊しても圭はあんまり気にしませんけどね。
余程の事が無ければ!


ef-a tale of memories_01_05

その頃の紘は漫画のアイデアを求め、クリスマスの教会へ。
っていうかろうそくSUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!
シャフトは京アニに挑戦するつもりなのか!?

そこで、シスターのような格好をした「雨宮優子」と出会う。
ってどこに座ってるんだあんたwww
あぁそっか、優子はシスターでは無かったんだっけ。
去ろうとする紘に優子は「メリークリスマス」とだけ言う。
おーコミック版よりミステリアスな雰囲気満載だー


ef-a tale of memories_01_06

そこへやってきたのはバイクにかばんをひったくられた「宮村みやこ」
紘の自転車を盗んでいきます。

ef-a tale of memories_01_07

これは敢えて縮小せずお送りしています。
……皆さん見えますか!?
[nice boat]が!
絶望といいパロ使いすぎwww


で、みやこを追いかけた紘だが、自転車がぶっ壊れた側には倒れてるみやこ。
こら、ほっぺた引っ張らない!

目を覚ますが、すぐにどこかへ行ってしまう。
が、ソッコー諦める。
うむ、やはり諦め早い。

で、公園にいった後、海へ

ef-a tale of memories_01_08

鍵取られたから朝まで付き合えと言う。
ちなみに圭はエッチな事は考えてません。
っていうか口元出たとき何故か寒気がwww

コミックでは弁償するように約束して連絡先交換してそのまま別れるんですけど、
このへんちょっと変えてありますね、それともこっちが原作どおりなのかな?


ef-a tale of memories_01_09

所変わってこちらの男の子は「麻生蓮治」
……ってちょっとまて。
なんで初っ端からLaterのキャラが出てるんだよ。
コミックでは名前も顔を出てないぞこいつ。
どうゆうことだろ。同時進行かな?


そして、廃駅のベンチに腰掛ける「新藤千尋」に出会う。
この姫子っぽい声は……まきいづみか。
最近名前<なつみ>に変えたんだっけか。

……姫子知ってるのって何人居るんだろうか……


しばらく話す二人。
翌日もまた。
千尋は……もしかして記憶喪失の類かな?
なんか、一々確認してる感じが……
服装変わっただけで蓮治かどうか解らなくなってるし……
どうなんだろ。

そして、千尋は一つお願いをする。

千尋「私と……お友達になってくれませんか?」

ef-a tale of memories_01_10

そして、蓮治はそれを承諾する。
いいな、こうゆうの。
千尋も純真な感じだし。

「またね。」

千尋は日記を開く。
だが、その上に涙がこぼれる……


う~ん…やっぱりキャラの顔見せって感じかな。
まぁクオリティがやばいほど高いのでOKです。

それにしてもところどころにあるネタ。
流石シャフトと言うべきなのかwwww
絶対どっかで富士山でてくるwwww

とりあえず特に書くこと無いかな。



次回
「upon a time」


京介なにをやっとるwwww






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kurohaneproject.blog92.fc2.com/tb.php/122-c3292f75


「Sin」応援バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。