上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・
……これが発狂煽ってると何故気付かない羽入wwww

さて、今回は「目明し編」で語りきれなかったことを、様々な視点から描きます。
とゆうわけで、祭囃子編 其の伍「最後の駒」
ついに、レナと圭一のお引越しです。

一枚目と2枚目以降の画質が違うのは一枚目が昨日撮ったやつだからです。






higurashikai-maturi05-01.jpg

沙都子に気を使ってくれてる魅音に感謝する悟史。
魅音のお陰で、学校での沙都子は少しだけ肩の力を抜けるそうです。

と、ここで「部活」の存在意義が明かされます。
これは単にギャグ用の設定ではなく、沙都子をおばの束縛から、少しでも解放できるようにする為のものだった。
そうだったんだ……てっきり圭は、こうゆう類のゲーム・ノベルによくある「要らない設定」だと思ってました……
いや、「要らない設定」って言っても部活が不必要と言う訳ではなく、物語の核心に影響を及ぼさない設定ってことです。例えば、冬なのにアイスを食べるのが好き、みたいな。
この時はまだ屋内ゲーム限定だったんですね。
屋外でのゲームが解禁になったのはあの鬼ごっこが初めてかな?
ほれ、厄醒し編の(原作では鬼隠し編の)。



higurashikai-maturi05-02.jpg

雛見沢に引越ししてくるレナ。
腕には例の傷が……
雛見沢に引っ越してきても、まだ幻覚の後遺症が残ってるようです。
風呂に入っている時、その後ろで羽入が

羽入「ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・」

煽ってる煽ってる!!
やめなさいってか学習しなさいwwww

住人に挨拶する時、礼奈ではなくレナと言う名前を使う。
レナが名前を変えたのはこの瞬間からでしょうかね。
新しい生活を始めるために。


higurashikai-maturi05-03.jpg

学校。
後ろを気にするようになる悟史
……羽入、えーかげんにせぇ。

その事をレナに話す悟史
するとレナは「その足音、知ってる……」と。
揃いも揃ってえーかげんに(ry


higurashikai-maturi05-04.jpg

診療所。
入江に退部を申し出る悟史。
そしてアルバイトの事を告げる。
この辺りは目明し編でも語られていた事ですね。
この事を入江は承諾。
そして悟史はさらに、「バットを持っていってもいいか」と聞く。
素振りの練習ぐらいはできるから、と。

その翌日。
やはり叔母殺しは起こった。


higurashikai-maturi05-05.jpg

数日後。
ようやくぬいぐるみを買えた悟史。
入江に車に乗せてもらいます。
だが、入江が悟史の異変に気付く。

車の外にいる人間が、全員おばに見えるという悟史。
ついには首を引っ掻こうとしてしまう。
入江は急いで診療所……いや、入江機関へ急行。


これで悟史の鬼隠しの謎は解明されました。
入江が送っていかなかったらどうなってたんでしょうか。
死んでたんでしょうね……首を掻き毟って。

……って、いまふと思ったんですが、興宮の住人って症候群かからないんでしょうかね?
興宮も一応雛見沢の区分でいいんかな・・・?



higurashikai-maturi05-06.jpg

別荘分譲のための空き地に一人の男。
名を、「前原伊知郎」といった。
伊知郎はススキのはらで遊ぶ二人の少女を見かける。
梨花と羽入です。
ここで伊知郎は決断したわけですね。雛見沢への引越しを。

羽入が伊知郎に見えているのは鷹野と対峙したときと同じものとして考えりゃいいのかな。


higurashikai-maturi05-07.jpg

おりょうさん。
別荘用の土地を分譲した理由について語ります。

それは、空気の入れ替えみたいなものだと言う。
そして綺麗な空気を入れて、悪い空気は追い出されていく。
おりょうさんはこの「悪い空気」を自分たち老人の事だと言っていますが、
この状況から考えると悪い空気は鷹野や山狗のほうですね。
そして、外からやってきた新しい空気がその悪い空気を追い出してくれる……
何気に核心をついた言葉ですね。

あ・・・そういえば何気におりょうさんが笑ったところ初めて見た。


higurashikai-maturi05-08.jpg

ついに引っ越してきた圭一。
これで全ての駒は揃った。

higurashikai-maturi05-09.jpg

あとは、運命を変えるために、5年目の惨劇に挑むだけだ……



よ~~~~~~~~~~やく。圭一がやってきました。
レナも来て部活メンバー勢ぞろいです!
この際皆殺し編で一回でてその後全く出番の無い赤坂の事は忘れましょう(←まてやwwww)
こんな事言ってて、最後の方で赤坂がおいしいとこ持っていったりしたら笑えますねww
ん?どんな状況かって?
う~ん…
梨花の腹を切ろうと近づく鷹野を打ちのけるとか!
……まぁ今後次第ってことで。

今回語られた事は目明し編でも語られていたことでしたが、悟史の視点でみることにより、少し印象がかわったかもしれません。

予告では羽入が学校にいましたが・・・
さて、次回はどうなるのでしょうか。


次回
祭囃し編 其の六
「幕開け」

幽霊の体でどう活躍するのか期待してたのに……結局実体化するのかよwwちょっと残念







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kurohaneproject.blog92.fc2.com/tb.php/143-b3a699d8


「Sin」応援バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。