上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬の新番その2!
やってきました憑依型!


はい例によって原作は知りません。
でも面白そうなので見てみることにしました。

OPは……悪くないけど好みじゃないです。

とゆうわけで第一話「特A潜在」感想です。
ちなみに「ペルソナ」とはラテン語で「人」という意味らしい






persona-01-xx.jpg

どうゆう話なのかイマイチつかめていないと言うのが正直な感想。
実はキャラの名前も覚えてません(汗)


「神郷慎」が兄の「神郷諒」のところに来るところから物語が始まります。
諒は警察の署長さんで、なにやら海上保安庁と合同で何か捜査をしているようです。
で、結構冷たいお人。久しぶりに会った慎や弟の「神郷洵」にもちょっと無愛想。


物語のキーワードになりそうなのは、「リバース事件」慎の見る「夢」。
人間の肉体と皮膚が逆転した状態になって発見されるリバース事件(で合ってる筈)
こっちはよく解りません、物語にどう絡んでくる?
慎の夢は、自分の中から何かが出てきて、そんで何かと戦っている夢。

……なんか最近夢がキーワードになる作品ばっかりな気がする……
今やってるテイルズオブイノセンスも夢が重要な鍵だし。

で、その「出てくる何か」がペルソナ
憑依型の能力と思っていいのかな?
迷い込んだ夜の工事現場でそいつを呼び出し、敵(と考えて良いのかは解らないが)のペルソナを撃破。
ペルソナを撃破されたほうは無気力状態になってしまうようです。
ちなみに諒もペルソナを持っていました。こちらは慎と違い自分の意思で呼び出していました。



よく解らない部分が多いのは確かですが、面白そうなので視聴継続です。
今後に期待です。
ではでは。







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kurohaneproject.blog92.fc2.com/tb.php/191-d9b2991d


「Sin」応援バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。