上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日耳鼻科で新聞読んでたら、
なんかCLANNADの画像使ったウィルスの製作者が捕まったそうですね。
全くもう……こんな事にCLANNADを使うなってんだ


それはさておき、ことみ編が終わったところで今回は一旦共通ルート(かな?)

とゆうわけで第15回 「困った問題」。
今回からみんな夏服です






clannad_15_xx.jpg

渚の想いと、春原の心。
……うわ、なんかすげぇ誤解されそうな文にww

今回は演劇部と合唱部との衝突のお話。
藤林姉妹とことみが名前を貸してくれたことにより、あとは顧問の先生を探すだけと言うところまで来た演劇部。
幸村のところへ行くと、仁科さんと話すように言われる。


音楽室へ行き、仁科と話をする渚。
そして、仁科たちが合唱部を作ろうとしていることを知る。
だが、現在顧問をやれる先生は幸村だけ。
悩む渚と仁科。


翌日、渚の机に脅迫状が入っていた。
春原は合唱部の人間の誰かだと言うが、渚はそれを否定。
仁科たちは良い人だから、と……
春原は、情報を集めるべくその場から立ち去る。


放課後。
春原が犯人を突き止めた。
名前は「杉坂」
そして予め呼び出しされていた杉坂が現れる。
若干喧嘩腰の春原を渚が止め、二人で話すことに。


杉坂は言う。
仁科はヴァイオリンが得意で、昔からコンクールで何度も優勝していた。
だが事故で握力が弱くなってしまい、ヴァイオリンもうまく弾けなくなってしまった。
だから、自分達で合唱部を作ろうと考えた。
だから、仁科の邪魔をしないでくれと……


春原「そんな奴のいう事を聞くな!!!」

話を聞いていた春原が怒りながら入ってくる。
そんな風に人の同情を誘うような奴は卑怯者だ、と
けれど、人が良すぎる渚は、そんな話を聞いてしまっては自分の考えを優先させるわけにもいかない。
だから、演劇部を諦める事を杉坂に伝える。
春原は、ジュースを投げるとそのままどこかへ行ってしまった。


……あれ?ことみ編の最初の時に普通に弾いてなかったっけ?
と思って録画しておいた第10回「天才少女の挑戦」をチェックしたところ。
確かに弾いてはいましたが、表情がかなりつらそうでした。仁科も杉坂も。
地味に伏線張られてたのね……


春原は、朋也と同じくスポーツ推薦で光坂高校に入った。
だが、先輩と衝突して退部せざるを得なくなってしまった。
だから、ハンデを盾に同情をひこうとする杉坂が許せなかった。


「これで良かったのか?」と渚に尋ねる朋也。
渚は言う、演劇部は再建できなかったが、もっと大切なものをたくさん見つけることが出来た
それは朋也のお陰だと……


涙をこぼす渚。
そんな渚がいとおしくて、朋也は渚の肩を抱く……

とそこへ乱入してくる杏。

いやアンタ!ここは黙ってみてようぜ!
そんな君には「KYの最上級」の称号をプレゼントだ!
(←リトバスの影響受けんなw)

ちなみにコミック版ではこの場面は教室で、朋也は渚に告白してました。
あぁもう本当に杏空気読んで・・・


イライラが収まらない春原。
どこか行こうと言うが、朋也はことみの庭整備で貯金が無い。
そんな二人が向かった先は、ゆきねの資料室。
そして話の流れから占いをしてもらうことに。
そして、その占いの結果からヒントを得たのか、春原は部屋を飛び出す。


翌日。
バスケットボールを持った春原が「バスケ部と試合をやろう」と言い出す。
そうすれば合唱部の子たちに、ハンデなんて関係ないというところを解らせてやれると。
だが朋也は乗り気ではなく、渚をつれて部屋を出る。


それ以降はもう大変。
春原は、昼食時はおろか、トイレ、授業中までもバスケの誘いをしてくる


春原を置いてきてしまった事をすこし悪く思う渚。
そんな渚に朋也はある嘘をつく。
実は(いや嘘なんだけど)、バスケは口実で、春原は朋也の事を愛しているのだと


嘘だと解ってても書いてて吐き気がするうううううううううううううううううううううううう!

しかしそれをあっさり信じる渚。
あぁアホ毛がへなへなにwwww
ことみ編で全く出番が無かったのはこの為の布石かよwwww

とうとう追いついてくる春原。

ここで渚の表情に注目!






clannad_15_yy.jpg

軽く威嚇しています。

その状態のまま渚VS春原の対決!
しかしその実体は勘違い合戦ww
そして渚がトドメの一撃


渚「岡崎さんは私の恋人ですから!!!」

朋也を庇うための一言。
それを真に受けた春原は凄い形相でその場から逃げ出す!

……いや、何故逃げる春原よww

とそこへ。春原の妹の春原芽衣が出てくる。

……といったところで今回は終了。
無駄に長くなってすいませんw

今回は伏線をちょこちょこ回収しながら、一気に話が進みましたね。
今回はなんだか春原が一段とかっこよかった気がします。
コミック版ではむかついただけなのですが、アニメではかっこよかったです。

朋也の告白シーンは杏によってバキッと破壊されてしまいました。
うーん…藤林シナリオも智代シナリオもどっちもやったら尺が足りないんじゃ…?

今後注目すべき点は。
「誰のシナリオまでやるのか」
「芽衣登場が話をどう変えるのか。」
「演劇部は結局どうなってしまうのか」

……こんなところかなぁ

次回
第16回
「3on3」

予告にバスケのシーンが全く映ってない件についてw
ではでは。







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kurohaneproject.blog92.fc2.com/tb.php/208-c4d4862b


「Sin」応援バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。