上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに来ました春の新番!
やってきました「魔法少女」!!

……と、言って見たものの、なのは達もう大人です(汗)
しかも、You tubeで第一期見ておこうとか言いながら
結局第4話という中途半端なとこまでしか見ていないという始末。(おいおい)

でも、大人ななのは達かっこいいのでよし。(え)



OPは言う事ナシ。
一つ言うとしたらムービーが少し物足りないかな?
あと、「StrikerS」の出方が無駄にかっこいい(って一つじゃねぇじゃねぇか)
でもまぁ、中々よろしい(何様だ)


では、本編へ。






スバル『小さい頃の私は本当に、弱くて、泣き虫で。悲しい事とかつらい事にいつも蹲って。ただ、泣く事しかできなくて』

いきなり火事の現場です。(あ~もしかしてここA'sに関係あったりする?)
子供が一人取り残されている。

で、取り残されている女の子「スバル」。(圭は一瞬男の子だと思った、というのは秘密)

周りは炎に囲まれていて、逃げることができません。
とうとう泣き出してしまいます。

……ってのぁ~~~っ!!銅像が崩れて落ちてきたーーっ!!
いきなりひやっとしました。
しかし、銅像は落ちてこなかった。

スバルを助けたのは……

なのは「よかった、間に合った。助けに来たよ。」



でた~~!大人なのは!!
魔法で屋根を貫き、スバルを救出。

……正直言います。なのはかっこいい。

スバル『助けてくれたあの人は、強くて、優しくて、かっこよくて、泣いてばかりで、何もできない自分が、情けなくて
 私はあの時、生まれて初めて、心から思ったんだ。泣いてるだけなのも、何もできないのも、もう嫌だって。
 ……強くなるんだって。」


で、舞台は打って変わって、魔道師試験。
それを受験するのはスバルと、「ディアナ」。

それをヘリコプターから見守るのは、フェイトと「はやて」(4話以降見てないのではやてを知らない)
フェイトもすっかり大人に……(4話しか見てないのに何でフェイトを知っているのかは秘密)

で、その頃なのは は試験の準備中……
あ、レイジングハートに字幕が。(A'sからあったらごめんなさい)



で、スバル達は試験スタート。
制限時間内に、全てのターゲットを破壊しろとの事。ディアナは拳銃から出したロープでビルを登る……
……魔法関係なくね?これ。
いや、固定に魔法使ってるのか。うん、そうだ、そうに違いない



そして、二手に分かれて、下のほうのターゲットをスバルが破壊することに。

スバルの攻撃手段は……拳……ですか。
いえ、かっこいいからいいですよ?いいんですけど……やっぱり魔法関係なくね?
と、思ったら中距離攻撃も可能でした。う~ん……(なんだよ)


そしてターゲットを破壊して合流。
中々の好タイムです。


そして次の地点も大方撃破。
…と油断してたら後ろから攻撃が!!
ティアナはそれに気付くも、足をくじいてしまう。



とりあえず撃破はしたものの、ディアナは動けない。
そんなティアナはスバルに、自分が離れてところから援護するから、スバルだけでもゴールするように言う。

だが、スバルはそれを受け入れない。
絶対に二人でゴールすると!!


だが、ディアナも怪我した自分を抱えて、どうやってゴールするのか、という。
でも、スバルには案があるようです。

ティアナ「本当…?」

スバル「っ…あ、いや…その、ちょっと難しいかもなんだけど、ティアナにもちょっと無理してもらう事になるし。
 よく考えるとやっぱり無茶っぽくはあるし……(略)」

ティアナ「~~あーーーーっ!!イライラする!!無理っていってもどうせアンタは自分のわがままを通すんでしょ!?
 どうせわたしは、アンタのわがままに付き合わされるんでしょ!?なら、はっきり言いなさいよ。」

スバル「……二人でやれば、きっとできる。信じて、ティア。」


残り時間を確認し、スバルの作戦を実行。

そして、ようやく建物から飛び出すティアナ。
…フェイトとはやては、「あれ」と言う顔をしてました。

実はそれはダミー!!
本体のティアナは物陰でダミーを作っていました。
しかし、この魔法はかなり魔力を消費するので、長くは続かないとの事。

その間にスバルは建物の中の最終関門の破壊に向かいます。

スバル「いーーくぞぉ~~っ!!」

ローラースケートで飛び出し、まずは建物の中へ。
その勢いで、スフィアのシールドを破壊!

そして止めの一撃!!!!

見事にスフィアを撃破しました。

最後のターゲットを破壊し、ゴールへ。
魔力全開でローラースケートを走らせる!!

…止まるときのこと考えてる?

二人「うわ~~~~!!」

…言わんこっちゃない。

なのは「アクティブガード、ホールディングネットもかな。」



どーん!!



…なんとかなのはの魔法のお陰で、二人は大丈夫です。

なのははスバルの事を覚えていました。

なのは「また会えて、うれしいよ。」

泣き出すスバル……。




とまぁ、第一話はこんな感じです。
…すこぉ~~~~し、なのは側に揺れてます。
あ~~~……予備知識ないのがつらい……。

次回。
第2話 機動六課

はてさて、 感想が確定しているDTB(略)はいいとして
問題は「この青空に約束を(略)」ですね。
あぁ……高校生は忙しい……。(ぼやくな)







魔法少女リリカルなのは Vol.1 魔法少女リリカルなのは Vol.1
奥田泰弘 (2005/01/26)
キングレコード

この商品の詳細を見る


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kurohaneproject.blog92.fc2.com/tb.php/26-264a858e


「Sin」応援バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。