上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お芝居の定評のあるルルw
裏表すげーw

とゆうわけでTURN 04「逆襲 の 処刑台」感想です。
うまうー(ネタがない)






ロロ、堕ちる。
変換どうしようかとおもったけどこれで。

ロロにとってギアスを使用した暗殺は、殆ど食事や歯磨きと同じ感覚のようです。
要するに、ギアスを入手してからはほぼ毎日殺しをやってたってことですね
どうりで前回、話を聞いていた男を殺すのに躊躇が無かったわけだ…
まぁやっぱりというか、その後内部でロロに対する反発が起こってますがね。

ところでロロに命令を下してるのって…もしかして皇帝?
一瞬例のアーカーシャーの剣が映ったし。


ところ戻って学校地下。
ルルは会話で時間稼ぎ。
で、ここでロロの能力の詳細。
「限定範囲内の人間の体感時間を止める。」で、いいかな。
ふむふむなるほど。だから水の流れは止まらないし、回想でも雨は止まっていなかった、と。
で、ルルは会話の中で「俺を殺すと二つとも手に入らない」と言い出す。
1つはCC.
2つめは、ロロの命。
ルルは、ロロに新しい未来を掴ませてやると約束し、その場を逃れる。

うーん、考えたねというかルルらしいというか。
ギアスによる直接戦で適わないなら心理戦で取り込もうって訳か。


ギルフォード卿の考え。
ゼロが現れなければ、黒の騎士団の評価は落ちる。
でも、現れて欲しいと思っている、と。

「何処かにおられる姫様」…って、死んだ事知らないのもしかして?
遺体見つかってないのか・・・?


ルルは考える、ロロの脅威を取り除き、同時に扇たちを救う方法を。
でも、どうしてもロロがネックになる。
ふと、自分とロロの写真を見て何か閃いたか…?


双方とも準備が整う。もち、ロロも。
で、処刑の時刻。


ルル「違うな、間違っているぞ」

最早定型詩と化した台詞と共に登場ー!
うわーすげぇ冷や汗w
いや、冷や汗というか「やべーギリギリ間に合ったー」な顔ですね(笑)

で、あの時、ブラックリベリオン(長いからBRで。)の再現といわんばかりに。
一対一の勝負と偽り床を崩壊させて軍勢を叩き落す!
ルルはシールドをサーフボードに見立て滑空ww
尚且つグラストンナイツの一人がG1(だっけ?)の下敷きになり退場。

そして、ついにロロも、ルルが約束を守らなかったと判断し動き出す。
だがそこへグラストンナイツの一人が撃った砲弾がロロに向かう。
それを、ルルが庇った。
はい、こっからスーパー懐柔タイム発動w

最後は緑川声の説得により軍は撤退。

んで、結局ロロはルルの味方に堕ちましたとさ。


ルル「ナナリーが居るべき所を奪い取った偽者め…散々使い倒して、ボロ雑巾のように捨ててやろう……!」


今回はここまで。
ひいいいいいいいいいゼロ節絶好調ww

は、いいとして。

ロロはどうも「家族」とかそういった類のネタに弱いみたいですね。
おそらくずっと憧れていたんでしょう。「家族」というものに。
だから、家族の証として貰ったロケットは手放せない。
そして、それこそが彼の最大の弱点。
やー毎回ながらルルは見事だ。

中華連邦は何をしたいんでしょうね。
なんか変な声の人は殺すし、うーん…解らん。

最後にスザクが映ってたのは再び転入フラグ?
そんな馬鹿なーははははは


次回
TURN 05
「ナイト オブ ラウンズ」

次回からスザクたちがが動き出しそうですね。







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kurohaneproject.blog92.fc2.com/tb.php/265-d91f237a


「Sin」応援バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。