上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々の兄妹の再会は最悪のものだった……

とゆうわけでTURN 06「太平洋 奇襲 作戦」感想です。
今日はちょっと簡単にいきます。






兄の選ぶ道、妹の選ぶ道。

スザクの策略はロロのお陰で無事回避。
にしてもルル、「愛してる!」って実の妹にそんなw
シスコンにも程があるぜw

ロロギアスの弱点とは制限時間のことのようです。
約30秒といったところでしょうか。

ナナリー「では、エリア11でお会いしましょう」

あれっ…
ナナリーは確かちゃんと日本って呼んでた筈……
何で……エリア11って……皇帝に何か吹き込まれたか?


VVと皇帝は契約関係になるって解釈で良いのかな。
しかし…なんだ。「兄さん」って……
うーん、VVに関しては情報が少なすぎて解らん……


ナナリーはユフィ同様お飾り程度にしか見られてないようです。
「ブリッジに来ても意味は無い」とか言われてますから。


黒の騎士団行動開始。
目標はナナリーを乗っけた飛行船。
ん?「何やってんだ玉城!」って、玉城何かした?


ギルフォードのナイトメアまで到着…ってまたランスロット量産機!?
んでもってナイトオブラウンズまで到着
うわーやばいよこれ・・・

アーニャの機体はガンダムOOのバーチェの武器と同性能っぽいです。
擬似GNDでも搭載してるんですかね(ないないw


ゼロはナナリーと対面。
ナナリーはゼロに対し、「あなたは間違っている」という。
そしてさらに、自分は望んで総督になったと、これにはゼロもびっくり。
世界は、もっと優しく変えていけると…
だから自分はユフィの意思を継ぎ、再び行政特区日本復活させると!
トラウマの再来きたwwww
そしてナナリーは、そこにゼロも参加して欲しいと手を伸ばす…
その姿があの時(血染めのユフィ)のユフィと被る…



その頃上ではとうとうランスロットが登場。
しかもなんかパワーアップしてるううううう!
あっさり紅蓮弐式を墜落させます。
脱出装置が開かず焦るカレン。
そこへナイスタイミングとばかりにラクシャータ。
「飛翔滑走翼」を紅蓮に取り付ける…ださいな、ネーミング。

紅蓮は翼とバリアを手に入れた!

すでになんでもアリになってるうううううううううう!
あー…気にしたら負け?負け?そう・・・


ゼロは悩む。
正体を明かすわけにもいかない、かといって強引に連れ出せもしない…
とそこへ紅蓮との戦闘をスルーしてきたスザクが!
ゼロは強引に連れ帰ることを選択。
だがナナリーは…

ナナリー「スザクさーん!!!」



ありゃぁ・・・これは…
これはルル大ショックですね。
自分を売った男を、ナナリーは最終的に頼ったわけですから。

予告のルルは殆ど意気消沈…
しかも棄てられた仮面だって!?
なんだ、「俺はルルーシュだ!」っていきなり開き直って出てくるのか!?
うーん…?


次回
TURN 07
「棄てられた 仮面」

ナナリー……







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kurohaneproject.blog92.fc2.com/tb.php/274-db662120


「Sin」応援バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。