上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回。
ブリタニアに戦を仕掛けたはいいけど、閉じ込めたと思っていた皇帝が出てきて大慌て。
スザクにナナリーを救うよう頼むが・・・

とゆうわけでTURN 17 「土 の 味」感想です。
友・・その絆は偽りだった、裏切りを知ったのだ






友の再会。

カゴシマ租界ではシンクー指示の元攻撃が始まっていた。
エリア11を制圧できるか否かで、この戦いは決まる。
かぐや曰く、ここが天王山


その頃ルルは神社にてスザクと対面。
・・・このシチュでスパイラル思い出したのは圭だけではないはず。
スザクは「よく僕の前に顔が出せたね」と初っ端から敵意むき出しです。
まぁねー…ユフィ殺されて(過失とはいえ)、なおかつシャーリーまで(ルルの意思ではないにしろ)・・
これで怒りの姿勢を見せないほうがおかしいですからね


騎士団内部は相変わらずひしひしと不穏は空気が。
肝心なところで変なことおきなければ良いんですけど…。


ルルとスザクの会話。
ルルにとっては聞かれてつらいことばかり聞いてくるスザク。
あのねスザク。事実=真実じゃないからね?(もろにSinの影響受けてるw)
だがなんと罵られようともナナリーだけは守らねばならない。
ついに土下座まで行うルル。
それをスザクは――――――
踏みつけた。
ってええええええええええええええ!?
おまww何やってんねん!
そして問う。何故自分に「生きろ」とギアスをかけた、と
(この辺どうでもいいのでカット)
スザクは言う、君の嘘を償う方法はただひとつ。その嘘を本当にしてしまえばいい、と。
「この戦いを終わらせるんだ。ゼロにしかできないことだ。みんなが幸せになれるやりかたで。」
おぉー!
これでようやく和解できるわけ・・・・・
……ギアスというアニメでそんなことがありえるわけが無い。

二人を裂くように、銃弾が走った。

実は最初からブリタニア軍が二人を見張っていた。
シュナイゼルの命令で。
それをルルは、最初からスザクは裏切っていたと誤解する。


シュナイゼルとモニタを通じて対面。
シュナイゼルはあくまで自分は兄であると言う。信じてほしい、と。
だがルルはもう信じることはやめた。そう言いながら制服のえりを触る。
同時。ギルフォードにかかっていたギアスが発動。
ルルをコーネリアと認識。
ナイスだ!・・・で何れ切り捨てると、そういうわけですね。


トウキョウ租界
ゲヒオンディスターバーを発動と同時に騎士団に命令を下す。
・・・どうでもいいけどナナリー救出をロロに任せていいのだろうか
また殺したりしないだろうな?そんなことしたらルルの戦う理由がなくなるぜ?

シュナイゼルだけが、不敵な笑みを浮かべていた・・・
そしてスザクは・・・

今回はこんな感じ

ぶっちゃけた話、今回あんまりスザクうざくなかった件。
まぁそんな事はどうでもいい。

言いたいことは色々あるわけだが・・・纏まらん。
すいまぜん。今日はこんなもんで勘弁してください。


次回
TURN 18
「第二次 トウキョウ 決戦」

決戦で…決着つくのか?







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kurohaneproject.blog92.fc2.com/tb.php/300-d1b370c6


「Sin」応援バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。