上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皇帝VSルルーシュ
そこにまさかの・・・
とゆうわけでTURN 21「ラグナレク の 接続」感想です。

ラスボス・・・ではないのか・・・?






二度目の対峙
ルルーシュは問う。誰がマリアンヌを殺した、何故母さんを守らなかったと・・・
それに対し皇帝は前回と同じきりかえし、だが今回はしっかりとルルーシュも答えています。

そこへ、ルルーシュにとってはまさかのマリアンヌ乱入。
そしてマリアンヌ殺害の真実を語る。
マリアンヌを殺したのは実はVV.
んっと、要は自分たちの契約を守ろうとしてマリアンヌを殺したわけですね。
けどそれでシャルル(皇帝)の反発買ってちゃ世話ないけど・・・
んで、まだ意識の残っているマリアンヌは「人の心を渡る」ギアスを使い、
当時行儀見習いとしてやってきていたアーニャに憑依した。
さらに、自分の意識を表層に上げたとき、CCと会話できる、と。
一期で散々会話してたのはそうゆうことだったんですね。

ルルは怒る、何故自分を日本へ送ったのか。
必要だったからだ。何のために!
とここで一期のCCの言葉を思い出す。「本当に大切なものは遠ざけておくものだ」・・
皇帝はVVの目からルルーシュとナナリーを逃がすため、日本へ二人を送った。

んー情報と伏線回収がいっぺんに来てややこしいなぁ・・・
とにかく、ナナリーは皇帝によって記憶を書き換えられていた、アーニャも然り。


皇帝の計画、ついに実行される時が来た。
全世界で異変が起こる。
Losciate cgne speranza, voi ch "intrate"・・・って、
何語ですかーっ

あとは皇帝とCCのコードをひとつにすれば・・
だが、それをルルーシュは止める。
コンタクトを外しギアスの準備はOK.
だが皇帝には効かない。
そう、ルルーシュの矛先は・・・

ルルーシュ「神よ!集合無意識よ!時の歩みを、止めないでくれ!!!」

ルルの右目にもギアスマークが出現する。
…ダブルになったってことはこれが最終進化?

歯車が崩れていく。
皇帝とマリアンヌの体が消えていく。

皇帝を否定するということはその先に待っているのはシュナイゼルの世界。
だとしても、ルルーシュはシャルルの考えを否定した。
「消えうせろ!」
その言葉と共に、シャルルとマリアンヌは消えていった・・・


――――――1ヵ月後
ルルーシュが姿を見せた、皇帝として。

……はい?なんで?
しかも騎士はスザク?Why?

なんかギアスで強引に認めさせちゃってるし・・・

シュナイゼルはシュナイゼルで黒いこと考えてるっぽいし・・・
どうなるんだー!


今回はこんな感じ。
ど・どうなってんだ?

スザク・・・ルルはお前にとってユフィの仇じゃなかったの?
しかもナイトオブゼロと呼ばれてすっげー勝ち誇った顔してるし・・・
なおかつオールハイルルルーシュってすっげー語感悪いし・・・(ぇ

すいません、なんかいつもに増してgdgdです。


TURN 22
「皇帝 ルルーシュ」

うおぉおお次回が気になる・・・








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kurohaneproject.blog92.fc2.com/tb.php/312-ac7fd002


「Sin」応援バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。