上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦いの帰結。
そしてゼロレクイエムの真相・・・

ついにきてしまいました「コードギアス反逆のルルーシュR2」そして「コードギアス」の最終回が。
一期は2話ほど放送しきれないとかその2話でもまだ終わってないとかR2の特番は「なにこれぇ?」みたいなもんだったとか色々話題の尽きないアニメでした。

とゆうわけでTURN 25もといFINAL TURN「Re;」感想です。
物語の幕が今閉じる・・・






願い―――ギアス―――

シャルルのギアスから解放されたナナリーが目を開ける。
ルルーシュを見て第一声「それが人殺しの顔」、そして自分も同じ顔をしているのだろう、と
ナナリーは殺してでもルルーシュを止めるつもりだった。
だからダモクレスの鍵は意地でも渡さない・・

ルルーシュは悩む、ギアスを使ってしまってよいのか…
ナナリーの意思を捻じ曲げるのは・・・



表ではスザクとカレンの因縁の一騎打ちが始まっていた。

そしてジェレミアとアーニャの戦闘も


ナナリーは言い放つ。ルルーシュに世界を手にする資格は無い、と
ではあのまま隠れ続ける生活が良かったのかとルルーシュ。お前の未来のためにも・・

……ちょっと待ったー!
この言葉はTURN 23でのルルーシュの発言と矛盾してないかい!?



ギアスは卑劣。
人の心を捻じ曲げる力は・・・
ならダモクレス、フレイヤは。
強制的に人を従わせる。人を大量に殺す。卑劣なシステムではないのか。

ナナリーは答える「ダモクレスは憎しみの象徴になる」と
憎しみはここに集める、みんなが明日を迎えられるように・・・
それを聞いたルルーシュはどこか安心したような面持ちになり、そして・・・


ルルーシュ「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる。ダモクレスの鍵を渡せ!」

ナナリーがギアスにかかった。しかし、ナナリーは抗う。ユフィのように・・・
だが、やはり絶対遵守の力にはかなわず、ナナリーは鍵をルルーシュに手渡す。



スザクとカレンの戦いも、大詰め。
カレンは輻射波動が尽き、スザクはシールドエナジーが尽きた。
…今思ったけど最近輻射波動って攻撃手段よりも防御手段になってるねw(気づくの遅い)
直接打撃のぶつけ合い。
紅蓮の右腕がランスロットの腹部に突き刺さる。
だが紅蓮もランスロットのハーケンに動力を切られ、システムダウン。
落ちる紅蓮、そして…
ランスロットは爆発した。
スザクとカレンの戦いはカレンに軍配があがりました。



ギアスにかかっている状態のナナリーに語りかけるルルーシュ。
お前はもう立派に自分の考えで生きている
だからこそ、ルルーシュはルルーシュの考えで生きられる・・・と。

ルルーシュ「ありがとう、愛してる…ナナリー」

鍵を取る。
瞬間、ナナリーのギアスが解除される。
ルルーシュの表情は…黒く歪んでいる。
追いかけるナナリーだが車椅子ではどうにも出来ない。
ルルーシュのナナリーに対する瞳は見下すような目
ナナリーの叫びなど無視するようにルルーシュは去った・・・

つらいだろうなルルーシュ・・・
CCじゃないけど、よく仮面をかぶり通したよ・・・


ダモクレスの制御を手に入れたルルーシュ
フレイヤを空に放ち、高らかに宣言する。
覇道を阻むものはもう居ない、世界は我が手に落ちた、と・・・

「世界は我にしたがえ!」


2ヵ月後…
皇帝直轄領・日本

黒の騎士団を含む、ルルーシュに敵対したものは全て捕らえられ処刑されることに。
スザクは死亡扱い。
ニュースはルルーシュの称えるもの・・・だが、民衆のルルーシュを見る目には憎しみがこもっていた
ルルーシュの乗せた車は処刑場へと・・・

その時。
眼前に、仮面を被った男、ゼロが現れた。
皆、動揺する。特にゼロの正体を知ったいた者は。
だがカレンは、気づいてしまった。ルルーシュたちのやろうとしていたことを。

ゼロが剣を携えルルーシュに向かってくる
ナイトメアの砲撃を全てダッシュでかわし(すげーw)、ジェレミすら踏み台にして、ルルーシュに近づく。

ゼロレクイエムの真相。
それは、ルルーシュに全ての憎しみを集め、そしてその状態で、ゼロの仮面を被ったスザクがルルーシュを殺す・・・
これで、全ての憎しみの連鎖は断ち切られる。世界は明日を迎えることが出来る。
それがルルーシュの行動の最終目的。

ゼロ・レクイエム……

願いとはギアスに似てはいないかとルルーシュ
自分の力だけでは叶わないことを誰かに求める…
そう、おれは人々の願いという名のギアスにかかり、世界を明日へと・・・

剣が、ルルーシュを貫いた・・・


ルルーシュうううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう!!!!!!!


ルルーシュ「これはお前(スザク)にとっての罰だ。
      お前は、正義の味方として…
      仮面をかぶり続ける
      枢木スザクとして生きることはもう無い…
      人並みの幸せ…
      全て世界に捧げてもらう…
      永遠に…」

スザク「そのギアス、確かに受け取った……」


剣が引き抜かれ、ルルーシュは下へ落ちる。
その先にいたナナリーはが手を握る・・・
その時ナナリーは全てを理解した、ルルーシュの行動の意味を…

これはいつぞやローマイヤさんに使ってたやつですね。
手を握って相手の嘘を見抜く。ギアスなのかはたまた先天的ないわゆる超能力なのかは解りませんが。


手を握りしめ、ナナリーは言った「お兄様、愛しています」
その言葉と共に、ルルーシュは息を引き取った・・・

日本の空に、ナナリーの嘆きがただひたすらに響いていた・・・


後日。
カレンは普通の学生として暮らし始めたようです。
ただ紅蓮の鍵持ってるから軍隊系の何かには所属してる?それとも単なるお守り代わり?
母親さんも普通の生活に戻れたみたいです。もうリフレインは心配ないですね。

玉城は何故か喫茶店を始めてます。
そして店の中には扇とヴィレッタの結婚式の写真が飾られています。
そしてヴィレッタ当人は妊娠中。おめでと~

ジェレミア……
オwwレwwンwwジww畑wwww
しかもなんかアーニャと一緒。
なんだろ、ギアスキャンセラー使ってたっぽい描写あったけどそっから仲良くなったのかな?

ダモクレスは空を上昇し続け、ついに太陽まで到達し、その熱に焼かれ消えました。
おそらくフレイヤと共に消えたはずなので、世界を震撼させる兵器も無くなりました。
設計図が残っていなければこれでフレイヤは完全に消失したことでしょう。

そしてCCはどこか遠くの国で旅をしているようです。
王の力は人を孤独にする、それは少し違っている…そう思いながら。

CC「なぁ、ルルーシュ…」


おしまい。


世界を敵に回し、多くの人間を殺したルルーシュに待っていた結末は死。
予想できた筈だけど…そうだと言えなかったのは心のどこかでそうあって欲しくないと願っていたからかもしれない。

とにかく。

まだ未回収の伏線あんのに終わってどないすんねん!!と。
CCの名前とか。
ナナリーの能力についても詳しい説明無いし
探せばまだある気がします。
それでもこの作品は今まで見たアニメの中でかなり上位のランクに入ると思います。
ギアスという設定を用いた戦。
ナイトメアによる戦闘。
そして個性的な登場人物たち。
そして何より主人公が完璧でないってのもポイントですね。
4クール、ばっちり楽しめました。

評定
Aランク

製作者の皆さんお疲れ様でした!!

ではでは。


ちなみにこの枠は次週からガンダムOOだそうです。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kurohaneproject.blog92.fc2.com/tb.php/323-dfdbfff0


「Sin」応援バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。