上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、ようやく「黒(ヘイ)」という名前が出てきたので「李」を黒として、感想を書きます。
そしてようやく「銀(イン)」にマトモに出番が来ました。
さらに、黒の能力も判明。(…ってか特番ですでに知ってたわけですが)
さて、DARKER THAN BLACK 黒の契約者、第二話です。







千晶「……知ってる?この空に星が流れるのは……あいつらの命が消えたとき。」

前回ジャンに捕まりそうになった所を黒に救われる千晶。
とりあえず千晶をアパートまで負ぶっていく。

すると千晶の部屋はごっちゃごちゃ……当然ジャン達の手が回った証拠。
とりあえず黒は自分は部屋に戻るから、早く着替えたほうが良いと、すると。

千晶「本当なんだね……今日あったこと……ルイは契約者で……死んだって。」

千晶さん、すぐ後ろにルイを殺した人がいますよ。
そんなことは知らない千晶は、部屋から出ようとする黒を止め、一緒に居てくれと……。
黒は何気につらそうです。

そして千晶の事を語りだす千晶。(こうゆう書き方してる理由は解りますね?)
やっぱりルイが、彼女の支えだったようです。

千晶「……もう戻れないんだね。」

黒「…あてはあるんですか?」

千晶「ははっ、ある訳無いじゃん、ルイだけが頼りだったんだ……。……」


うわ~…第一話冒頭の短い時間の間に大変な人殺しちゃったよ黒。

そして
黒「僕が何とかします。」

千晶「え…?」

黒「一緒に逃げましょう。」

千晶「で…でも…アンタは今日引っ越してきたばかり……」

黒「きっと今日、ここに来るのが運命だったんですよ。今日貴方に会う事が……占いにそう出てました。」


何気に口説いてる====っ!!黒……いろんな意味で最強の男。

その時、階段から足音が。
まさかジャン達っ!?

……昨日の刑事二人組みでした。
とりあえず何か手掛かりを探すため部屋へ入る。

その時窓から物音が!!ヤバイ、見つかった!?

拳銃をかまえ、窓を開けると……。

猫「うにゃーぉ。」

刑事「……猫かよ」


……まったくヒヤヒヤさせるねぇ……。




その頃黒と千晶はファミレスで逃亡の相談中。
……あのなぁお二人さん。ファミレスでそんな事話すもんじゃないよ?
もちょっと場所選ぼうよ……。

そしてお金が必要だと、黒は言う。
すると千晶は「ゲート関連情報」はどうかと、それなら高く売れると。
……言うまでも無く前回の「物(ブツ)」です。
ここで初めて黒に本名を明かす。

そしてグッドタイミングで。
店員「お待たせ致しましたー。」

え~と、
炒飯、照り焼きチキン、パン、
パスタ、ボルシチ、ステーキ、
オムライス。エビフライ、ピザetc……。

その体は無限の胃袋で出来ていた?(おい)

千晶「いや……何頼んでもいいって言ったけどさ。アンタこれ全部食べる気!?」

黒「……すいません……いつもよりは少ないんだけど……。」


いつもどれくらい食べてるんだ。(汗)
あぁ、こいつの日常シーンが見たい……。

千晶「アンタね、太るよ、絶対太る。今はいいかも知れないけどね、30過ぎたら絶対太る!そうじゃなきゃ世の中間違ってる!」

そうそう……ってつっこみどころが違う気もする。
そして、疲れてると言いトイレへ。

すると後ろから声が。

黄「成程、聞いてはいたが、見事なお手前だな。」

黒「……黄(ホァン)。」


はい、ようやく登場「黄(ホァン)」。
契約者を忌み嫌う人物。
そして物(ブツ)を手に入れたら面倒なことになる前に女は消せといい立ち去る。


そんな時ジャンの仲間であろう二人組みがやってくる。なんとか逃げ切るものの、黒は左腕に傷を負ってしまう。



とりあえず応急処置。たいしたことはないようです。
そして、両親が殺されたときの事を語ります。
相手の契約者はまだ子供だった。顔は見てないけれど…美しかった、と。

千晶「アンタにだって、消してしまいたいのに消せない思いってあるだろ?」

黒「……契約者は人間じゃない。人の皮を被った、殺人鬼だ。」

千晶「…わかってる。」

黒「リスクを最小限に抑えるため、目撃者は必ず殺す。奴らは嘘つきで、裏切り者だ。


いや、あんたがそれを言うか。
…と言いたいところですが、もしかして黒は望んで契約者になったということではない?



そして、例の情報(物ね。)を取り出した時、やはり後ろから奴らがつけてくる。
一旦その場を離れ、人の多い場所に。
これなら迂闊に手出しは出来ない…。

そして、警察署の前を通りかかったとき。

黒「忘れろ。」

千晶「ぇ…っ!!!」


歩みを続ける黒の後ろで倒れる千晶……。

その事が未咲にも伝わる。
そして、同タイミングで、「篠原千晶の死体を確認した」との連絡が。

えぇっ!?
と、その答えは直後に出ました。




マントを着て逃げる黒。そして例の物の内容を確認。
しかし、中身は白紙。
……圭が一瞬呪文らしきものを考えたのは秘密。

そしてジャン達が追いつきます。
そして、目を覚ました千晶も……
ここで彼らはルイを殺したのが黒であることを知る。

ジャン「ネズミは罠にかかった。」

とジャンが言うと千晶の目の色が消えていく……。

そして男の一人が千晶に発砲しようとする。
それをかばった黒は……後ろに居る千晶から撃たれてしまう。

そう、千晶は「篠田千晶」の記憶を流し込まれたドールであった。
早い話が未咲の所へ連絡がいった死体の方が本物。

そして今プログラムされていた人格から引き戻された。
黒をおびき出すためのトラップだった。

そして倒れて動けない黒を銃で撃つジャン…。
こんどこそ終わっちまうのか~~?

…と思いきや。
黒のジャケットは黒自身が着ることによって防弾効果を発揮する。

猫「ビックリした?」

……えぇビックリしましたとも、いろんな意味で。
そして、

振り向けば奴がいない!!
不意を付き、テグスを男の首に巻きつける。
そしてここで黒の能力発動!
そう、「電撃」です。(どうでもいいけど主人公キャラって絶対炎属性か電気属性だよな)

そして黒人の男も撃退、すると自分の胸元に蒼い光が……ジャンが能力発動してる~~~!!

最初に言い忘れましたがジャンの能力は「物質交換テレポート」
壁の石と黒の心臓を入れ替えようとしている!ピーンチ!

今度こそ終わった……と思ったら千晶ドールが庇った!
すぐさま逃げるジャン…。(逃げ足早っ!)

しかぁーし!銀(イン)の能力、「水を媒介にして水の近くに居るものを見る力」(短くまとめろや)で、
すぐに居場所が解ります。


そして予想通り水の近く(というより中)にジャンはいました。
能力を使ったため、対価(石を並べる)を実行しようとしますが、すでに目の前には黒が。
そのままジャンは水の中に落ちてしまう。
黒が水に足をつけたシーンがあったので、おそらく電撃で殺されたのでしょう。

夕方、大量のキャベツを刻む黒。
そこへ未咲がやってきます。
とりあえず引っ越してきたばかりと言い、やり過ごす。
登録証明書も通り、やり過ごします。




はい、ようやく黒の能力がはっきりしましたね。(Wikipediaではまだ不明扱いですが。)
じつは他局のほうは知りませんがMBSのほうでは、先週の土曜に特番がやってたので、
そこですでに「黒の能力は電撃だ。」と語られています。

ただ対価については語られていません。
とりあえず候補としては、
「腹がやたらと減る」「キャベツを刻む」などなど。
う~ん……圭はあえてだい3の選択肢をとらせていただきます。

「感情を制御する」というのはどうでしょう。
十六夜様は「感情を持つ事」とおっしゃっていましたが、本人様が言っておられるとおり
それでは一日中対価を支払っている事になるので、

「能力を使っている間は感情を殺さなければならない」これを圭は提唱します。
閻魔あいも、依頼の為に感情を殺していた場面もありましたので、何気に自信あります。


あ、ご意見はコメントかWEB拍手からどうぞ。



次回 第三話
新星は東雲の空に煌く…(前編)




ではでは。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kurohaneproject.blog92.fc2.com/tb.php/34-77fc9661


「Sin」応援バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。