上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~やく復活です(←色々長い)
とりあえず復帰しましたと高らかに宣言する前に、なのはの感想いっときます。

と、言うわけで、「魔法少女リリカルなのはStrikerS 第15話 Sisters&Daughters」の感想です。






なのは「ギンガ、ちょっとスバルの出来を見てもらっていいかな。」

六課に出向となったギン姉ことギンガ。
なのはの提案でスバルと模擬戦をする事に。

序盤はギンガが優勢。パンチと蹴りでガンガン攻めます。
スバルは何とか避けられているといった感じ。

バリアで防ぐもあっけなく破壊されてしまう。
流石ギン姉。威力が半端ないです。

そしてバリアが壊れた反動で一瞬行動が遅れたところへすかさず一撃を加える!
しかし、それも左腕のバリアでなんとか回避し、反撃開始。

スバル「リボルバー……キャノンッ!!」

新技…なのでしょうか。強烈なパンチで反撃する。
ギンガもバリアを張るが、それもすぐに破壊。
これはマッハキャリバーのセカンドでしょうか?

だが、ギンガもただ食らうだけじゃない。
スバルの蹴りを回避し、ウィングロードで一旦空へ。
すぐさまスバルもウィングロードを展開し、追う。

あとは果てしない打ち合い。
その姿はなんだか嬉しそうに見えます。
ティア曰く、スバルはお姉ちゃん子らしい。
ギンガもスバルに結構甘いんだとか。

う~ん、百合とは違うけどこうゆう姉妹愛っていうのも結構好きかな。
ん?姉妹愛と百合の区別はつけてますよ。圭は。
いや、この二つって微妙に違う気がするんですよ圭的に。
まぁ別にたいした事ではないんですけどね。



打ち合いが続き、そして。
ギンガのナックルが、スバルの顔面を捉えた。


なのは「は~い!そこまでーっ!」


結果はスバルの負け。
二人ともお疲れ様です。
……っていうにはまだ早いわけなんですがね。

なのは「折角だから、ギンガもいれたチーム戦。やってみよっか!」

お、ギンガも練習に参加するのか。
その内容とは…

なのは「フォワードチーム五人対……前線隊長四人チーム

ギンガ「ぇ……へぇっ!?」


おいおいおいおい!マジか!
ギンガも驚きのあまり目を見開いてます。

スバル「あ・あのねギン姉。コレ、時々やるの。」

エリオ「隊長たち……かなり本気で潰しにきますので・・・」


潰しにって……今回は五人だけど、いつもは四対四でやってるって事!?
ちょっとまってくれ……いくら隊長たちリミッターかかってるとはいえ
「ディバインバスター」なんか食らったら即死じゃん!空港の屋根ぶち抜いてんだよ!なのはさんは!!

なのは「じゃあ、やってみよっか!」

全員「「「「「はいっ!!」」」」」



ってあれ?いつの間にか戦闘終わってら……見せろよ!戦闘風景!
正直見たかったなぁ…というのが本音。
シナリオ進まないならこうゆうとこで見せようぜセブンアークスさん&都築真紀さん……。

で、訓練終了後、ヴィヴィオがやってくる。
よほどなのはになついている様子。っていうかもうなのはの預かり子なわけですが。

フェイト「あぶないよ~ころばないでね!」

ヴィヴィオ「うん…あっ。」


とかいってたらこけた。お約束というかなんというか……

フェイト「大変…っ!」

あわててフェイトが駆け寄ろうとしますがなのはが止める。

なのは「大丈夫!地面やわらかいし、綺麗にころんだ。ケガはしてないよ。」

フェイト「それはそうだけど……」


この辺からも二人の性格の差がわかりますね。
なのはは「自分の足で地に立って歩け」タイプ。
フェイトは「大丈夫?怪我してない?学校で何かあった?」タイプ(←その例えはどうかと…)

なのははヴィヴィオが立つのを待っていましたが辛抱たまらないフェイトが助ける。
あ~だめですよフェイト隊長……そんな風に甘やかしちゃ……
大体最近の親は子供を甘やかしすぎなんですよ!
殴れとまではいかないけどもうちょっとこうゆうところでさぁ…(←何変なところで熱弁してんだよ)

シャーリー「あんな感じです。」

と、これまた六課にやってきた「マリアル・アテンザ」に解説(?)するシャーリー。
圭はアテンザさんと呼んでいます。

アテンザ「あぁ~~二人の子供かぁ~~………ぇぇええええっ!?」

自分の言葉に驚くアテンザさん。
まぁ毎日一緒に寝てる二人ですからありえなくもn(←ありえねぇよ!!!)




ティア「しっかしまぁ~、子供って泣いたり笑ったりの切り替えが早いわよね~。」

確かに言えてる。子供は無垢ですからね~妬みとかそうゆうの知らないし。<笑>

ギンガ「スバルのちっちゃい頃も、あんなだったわよね~。」

スバル「へっ!?え、そ…そうだったかな…」

シャマル「リィンちゃんも。」

リィン「えぇ~?リィンは最初から割りと大人でしたぁ~!」


いやいやいやリィン曹長。あんたデバイスとはいえ他のデバイスと違ってかなり人間に近いんですから、(魔法も使うし)
いくらなんでも最初から大人ってのはねーわ。つーか今でもかなり子供っぽい気が。(←おい)

それにしてもヴィヴィオ人気ですよね~。
……まぁ、圭はそこまで好きではないんですけど。
圭の中では、最終決戦の敵確定してますから。

大方、なのはたちに関する記憶消されて~~ってパターンでしょうね。
そんで完璧に感情移入しちゃってる前線メンバーは攻撃できずに敗退…
ってとこまで圭は予想してます。
この通りの展開になったら……ヴィヴィオファンは悲しむ気がする。



秘書っぽい女「機動六課からは、材料は出ませんでした。」

うわまたでたよレジアス中将。
こいつなんでこんなにも六課が嫌いなんだろうな。
え?じゃあ圭はなんでレジアス中将が嫌いかって?

こいつが六課を嫌っているからだよ!

で、なんかアインヘリアルがどうとかいってます。

秘書っぽい女「参号機の最終確認が遅れていますが、順調です」

参号機という単語をきいてバルディエルを思い浮かべたのは圭だけではないはず!(←13使徒ww)

秘書っぽい女「デーモンプランといい、アインヘリアルといい……過ぎた力と思わなくもないが…」

デーモンプラン…悪魔の計画ってこと!?
…って伏線出しすぎ。大丈夫か?



*「報告は以上ですが……」

ストップストップストップストップ!!
なんなんこのゼーレ!!
数字がローマ数字に変わっただけで他変わんねーじゃねーか!!

seeleeva.jpg

ゲンドウ「パクられましたな、議長」
キール「…………<苦笑>」






スカリエッティ「祭りの日は近いな・・・」

スカリエッティ登場。何故か久々に見たような感覚を覚えます。
てゆーか。祭りの日は近いとか言われてもなぁ・・・この話の運び方で何を期待すればいいのか…

…っておいおいおい!オマエレリック一体何個持ってんだよ!!
ひーふーみー……ダメだ、かぞえきれねぇ・・・
レリックってこの世に何個そんざいするんだろうか……
ジュエルシードと同じで21個?
…いや、スカリエッティの所にあるレリックはその数余裕で越してる。
もしくはレリックの複製?う~ん……




その頃、スバルとギンガ。
検診にでていて、その帰りのようです。
チョコレート菓子のお土産もって。

それはいいとして…
スバルとギンガのリボルバーナックルは、どうやら二人のお母さんのものだったようです。
成る程、だからナックルにはあまり手が加えられてないのか。

アテンザ「ごめ~ん、おまたせ~。」

六課に戻る二人…

そして、六課ではなのはとフェイトとはやてが話し合っています。
公開陳述会……やはりこれが一番今後に関わってくるんですかね……。


時空管理局地上本部
公開意見陳述会まで
あと 7日







話進展しねぇなぁ・・・
……前から思ってたんだけどもしかしてサブタイ手抜いてない?
作画も不安定だし……
ストーリーも中だるみしてるし……
第一これをリストアップしたのは、「たまには戦闘中心のアニメもいいかな」って思ったからであって
日常描写を見たいわけではないんですよ。
百合はもうこの際どうでもよくなってきたし……
なのにフラグだけ立てて全然話が進まない……
もうひぐらし解も始まる頃だし……決まったようなもんかな。

っつーわけで。
なのは感想切ります!!
一応視聴は続けますが、なんていうか……無理に3期作ったから黒歴史になっちゃいました的な匂いがしてきました……
今まで我慢してきたけどもう無理です。
ひぐらし解の感想のほうが書きたいですし、これからはDTB黒の契約者とひぐらし解の二つでいこうと思います。

まぁもし書くことがあるとすれば、DTBより面白いと思えた時くらいですかね。
…や、ありえないな。この際視聴を切ろうか…いや、視聴は一応しとこう。

ではでは。おそらく最後のなのはS記事でした。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kurohaneproject.blog92.fc2.com/tb.php/74-18665aff


「Sin」応援バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。