上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あーもーなんで夏休みなのにこー忙しいのでしょうかぁーっ!!
宿題も多いし…塾いってたから昨日のDTB書けなかったじゃねーかぁ!!(←黙れ…)
しかもしかも、またブラレスのレビューもアップしてねぇえええ!!
とりあえず。
遅れてすいません。(汗


とにかく「ひぐらしのなく頃に解 厄醒し編 其の四 雛見沢大災害」
感想いきまーす!






沙都子「いつの間にか眠ってしまいましたわ……」

午前零時。
前回、警察に来てもらう約束をしていた沙都子。
なのに、時間になっても警官はこない。

その時。
沙都子の仕掛けた鳴子の音が

沙都子「っ!!」

誰かが来た…
そう察した沙都子は慌てて梨花を起こす。
目を覚ました梨花は迷わず押入れの中の板を外し、屋根裏に沙都子を上がらせる

この扉は元々在ったのかな?
それとも毎回状況が変わっていることに気付いて、沙都子のいない間に用意していたのかな?

梨花「隠れて」

沙都子をあげると…梨花は一人だけ、そこから降りる。

梨花「あいつらの狙いは私……貴方は隠れていて!何があっても、出て来ないで!」

沙都子「何言ってるんですの!さぁ早く!」


手を差し出す沙都子。
だが、梨花は……

梨花「…大丈夫なのです…」

沙都子「…え?」

梨花「また…すぐに会えるのですから……」


そう言い、戸を閉める梨花…
これは梨花も沙都子も辛いですよね……
同じ時間の中で何度も死ぬ経験をする梨花。
それを知りつつも何も出来ない沙都子……
この運命だけはどうしようもないのでしょうか……




動きを封じられた状態で連れて行かれる梨花……
それを探す沙都子
そして、神社のほうまで来る。

そして……梨花の遺体を発見する……

沙都子「ぃやあああああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああっ!!」

その声を聞き、戻ってくる不審人物達。

つーかこいつら一体なんなん?
見た感じ鬼隠し編で圭一をひき逃げしたのと同じ奴らっぽいけど……
そういえば暇潰し編のとも同じ……いや、あいつらは確か園崎の人間だった筈。
園崎の人間が梨花を殺す理由がないから暇潰し編の奴らとは違うか。
ということはやっぱり外部の人間?
う~ん……殺す理由が見つからん。

男達の足音を聞き、慌てて逃げる沙都子。
そしてつり橋まで逃げるが、もうすぐ追いつかれてしまう距離
このままでは捕まってしまう。
そして沙都子は、橋の下(つまり鉄骨の部分)に隠れる。
男達は去っていったものの、沙都子は川に落ちてしまう。

沙都子「一体…何で……こんな……」




その後。

*「雛見沢への道を完全封鎖。報道関係の車両も通さないようお願いします。」

発生した雛見沢大災害。
川の中にいてなんとか助かった沙都子は村を歩く。
村の中には、ガスマスクのようなものをかぶった人たち。

沙都子が行き着いた場所は
いつもの雛見沢分校。
そこには、ピクリとも動かない部活メンバーと村人の姿があった…

沙都子「嫌あああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああっ!!」

発見され、沙都子は保護される。

…ってストップ!
なんでこんな夜にみんな分校にいるの?
夜…ようするにみんな家で寝ている時間。
ばっちゃや村長なら御三家の会議とかだけど、圭一までいるからその線はまずありえない。
しかもなんでレナだけ居ない!?
あらかじめ警報が鳴ってて避難してきた……?
いや、遺体は全て家の中とかから運び出されていた。
分校に集まれという指示があったなら何人かは路上でガスにやられている筈…
う~む…?

とまぁそんな圭のヘボい考察は置いといてBパートへ




2000人もの人が犠牲となった雛見沢大災害。
結局生存者は沙都子一人だけ。

厄醒し編は補完シナリオだから……祟り殺しの圭一に当てはめて考えればいいのかな。

沙都子は生存はしているものの、精神的に大きなショックを受けているため、会話すら出来ない状態であった。
医者が言うにはこうゆう事は本人にかかっていると・・・
まぁ精神的なことをそとからどうこうしても意味無いですからね…
外から下手に干渉したら余計おかしなことになりかねませんから。(SHUFFLE!が良い例)

そんな状態の沙都子のところに大石がやってくる。
が、当の沙都子は話を聞ける状態ではない。

大石「ま、聞くだけ聞いてください。勝手に喋りますから」

と言いつつ大石が出したのはレナの帽子。

大石「ここに赤い染みがあるでしょ、これ血なんですよ。それも、
   レナさんと同じ血液型のね」


発見された場所は大災害の原因となったガスが発生した場所から離れた山の中だと大石はいう

大石「ですが、どうもわたしには解らない。何故そんなところに、血のついたレナさんの帽子が落ちていたのか…
   あーちなみにレナさんの遺体も、出ていないんですよ」


遺体が出てない?
奴らが回収したのか?

大石「災害が起きたのは深夜遅くです。あの人、どーしてそんな遅くに山の中に出かけていたんでしょうかねぇ……」

分校にいたみんなの事はスルーかよ大石。

大石「わたしはねぇ、この帽子、レナさんからのメッセージではないかと考えているんです。
   あの災害、実はガス災害なんかじゃなく、もっと何か他の事故か、或いは事件で、
   それを知ってしまったレナさんは、その事を誰かに伝えようとして、村を逃れたのでは…」


レナが知った事…情報源は34号文書か?
いや、この時点ではレナは持ってないからこの線はないな。

大石はさらに、レナだけではなく、他にも20人ほどが行方不明扱いになってるという。
行方不明…あいつらが他の人間まで回収する理由はないな…鬼隠しか?

それらの事をひとしきり語り終えると突然笑い出す大石。
そして、突然沙都子の胸ぐらを掴み、

大石「これは自然災害なんかじゃない!あの夜、雛見沢で一体何が!!アンタは一体何を見たんだ!」

大声で叫ぶ大石。
だが、沙都子何の反応も見せない。
その姿をみて諦めたのか、大石は手を離す。

てゆうかどーして大石っていつもこうなのかねー。
病人を労わるってことを知らんのかねこの男は。
祟り殺しの時と言い……あー大石「さん」と呼んでたのがあほらしくなってきますよ。

大石「また来ますよ、もう一つの事件。古手梨花さんの斬殺事件のことでも、お聞きしたい事が山ほどありますので」

沙都子「!!」


大石の言葉に、一瞬反応する沙都子。
それを看護士に伝えるが、それはただの生体反応で意識を取り戻したわけではない。
そして、一言いうと、大石は病室を去っていった。

どーでもいーけど。
看護士ビミョーにKOEEEEEEEE!(←そう書いてる時点で本気じゃあねーだろ圭)




署に戻る大石。
すると、熊谷(いつも大石が熊ちゃんって言ってる人)が居ない事を知る
熊谷は、梨花の事件の事で、地元の派出所に行っていたとか。

大石「おい!確か古手梨花と北条沙都子は、同じ家に住んで居たんだよな!」

突然何かに気付いたように喋りだす大石。

大石「北条沙都子が見たのは、雛見沢大災害のほうじゃない、古手梨花斬殺事件のほうだったんだ!」

その事に気付き、慌てて車を走らせる大石。
そして同じ頃。病院で目を覚ます沙都子。
沙都子が見たもの…それは、例の男達から逃げるレナの姿。

・・・ってか気付くの遅くね?(←それを言うな)

沙都子「解った……解りましたわ……レナさんのメッセージ…!」

そしてナースコールを鳴らす沙都子。
だが、看護士は「ふん」言いながらコールを解除するだけであった。

…ってちょっとまてやああああああああああああっ!!
なんで看護士がなんもなしにコール解除するんだ!?
看護士も例の男達の仲間か?


ようやく病院につく大石。
だが、

*「午前一時三十二分。お亡くなりになられました。」

大石「どっ…どうして……」

*「急に様態が悪化しまして、急性心不全と思われます。」

大石「そんな……なんで心不全なんかにっ!」

*「検死してみないと確かなことは解りませんが…症状は急性心不全です。」

大石「馬鹿な!そんな馬鹿な!!ふざけるなあああああああぁぁぁぁぁぁぁあああああああっ!!





厄醒し編もBADなのかよおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおお!!
オリジナルだって言ってたからうっかりハッピーエンド期待しちまったじゃねーか!!

…こほん。失敬。

さて、一期の補完シナリオとして用意された今回の「厄醒し編」
アニメオリジナルにしては中々良かったのではないかと思います。
部活シーンに関しても言う事はないと思います。
最後の沙都子については祟り殺しの圭一に当てはめて考えればいいのかな?
……う~ん…どっちにしろ謎は深まるばかり……

とはいえ、やはり今期の大本命!
最初から魅せてくれました!
これからもがんばれ!スタジオディーン&原作者の竜騎士07さん!」


次回
皆殺し編 其の壱
「迷路の法則」


こっからが本番だZE!
しかし物語として成り立たせながら回答を示していく展開にするのって実はかなり難しいことですよね。
そうゆうとこ考えてもひぐらしって凄いんだなあ……







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kurohaneproject.blog92.fc2.com/tb.php/84-812f2465


「Sin」応援バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。